第47回サロン・ド・プルニマ
インド・リパブリック・デーを祝して
Margam~道~Vol.2

シヴァファミリーをテーマに
インド舞踊とインド神話により親しみを感じていただけますよう準備しています!
可愛いフライヤーはつづみさおりさんに作成していただきました。
a0216433_16495217.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
広大なインド。そこにはたくさんの古典舞踊があります。

インド寺院の彫刻のように甘美で躍動的な舞『東インド・オリッシー』

大地を踏み鳴らすリズミカルでダイナミックな舞『南インド・バラタナーティヤム』

神に捧げる踊りとして知られる2つのスタイルの舞踊で、シヴァ神の世界をご覧いただきます。

《出演》
Odissi オリッシー
村上幸子

Bharatanatyam バラタナーティヤム
巽 幸恵

2017年01月29日(SUN)
Open 13:30~
Start 14:00 ~16:00(終了予定)

《料金》
前売 2,500円 当日 3,000円

《場所》
京都市国際交流会館 イベントホール

〒606-8536
京都市左京区粟田口鳥居町2番地の1
TEL.075-752-3010 ( 代表 )

(アクセス)
地下鉄東西線「蹴上」より北へ徒歩約6分、京都バス5 京都会館美術館前下車 徒歩約10分

●主催
サロン・ド・プルニマ

●企画 Margam実行委員会
(プルニマ会員)

●後援 在大阪・神戸インド総領事館、(公社)アジア協会アジア友の会、(公財)京都市国際交流協会

★ご予約&お問合せ
メール、お電話にてご予約承ります。
sa@yskw.com(村上)
090-8932-7458(上原)

★サロン・ド・プルニマ
毎月会報の発行(インドに関する情報、他)。講師を招いてサロンの開催。災害地への寄付。インド・メガラヤ州孤児院などへの協力支援など。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




[PR]
# by satya_santosha | 2016-11-09 17:03 | 公演情報 | Trackback | Comments(0)


第15回サンギートメーラ岐阜2016の画像です。

先日行われましたサンギートメーラ岐阜の様子を、写真家 福田信(Fukuda Makoto)さんが素敵に撮影してくださいました。

一部ご紹介します。

また最後には、当日の動画もご紹介しております。
これらの動画に関しては画像の状態は良くないのですが、よろしければご覧ください。


1曲目はInvocation。
Pushpanjaliから始まりました。
a0216433_15555637.jpg


Ganesha Stutiです。
a0216433_15562063.jpg
a0216433_15564027.jpg


そして
Alarippu (Sankeernam)に続きました。
a0216433_15563285.jpg



2曲目は幸恵ソロ
Keertanam (Adum Azhagai Paradi~)
a0216433_15565142.jpg
a0216433_15573009.jpg
a0216433_15574377.jpg



3曲目はTillana (Simmendramadhyamam)
a0216433_15574807.jpg
a0216433_15575927.jpg
a0216433_15580588.jpg
a0216433_15581480.jpg
a0216433_15582533.jpg



長い時間お付き合いいただきました。
ありがとうございました。
a0216433_15582816.jpg

素敵に撮影してくださって嬉しいです。
ありがとうございました。


★前回の投稿でも掲載しましたが、上記の画像と共に動画もこちらにまとめました。
動画については画像が不鮮明で、かなり激しいブレがありますが、よろしければご覧ください。

①Invocation(巽知史&幸恵)



②Keertanam (Adum Azhagai Paradi) 巽幸恵


③Tillana (Simmendramadhyamam) 巽知史&幸恵



by sachie





[PR]
# by satya_santosha | 2016-10-20 16:10 | 画像・動画集 | Trackback | Comments(0)

アジア保健研修所オープンハウス、無事終了しました。

オープンハウスでのご縁は、英語の教科書に創始者の川原啓美先生が登場されていたことがきっかけでした。
大変お世話になりました。

先生はお亡くなりになりましたが、恩返しさせていただきたいという思いでいます。
今回、4名で踊らせていただきました。
一瞬で終わってしまう、一回限りのその瞬間をどれだけ大切にできるか、これを目指してみんなで一生懸命準備してきました。
一昨日から熱が出てしまった1人のメンバー、内心最悪の事態がちらつきましたが、無事に参加できることをただただイメージしました。
本番は4名全員そろい、踊りきりました。

4名で踊ったAlarippu
a0216433_15230858.png
a0216433_15234277.png
a0216433_15241526.png
a0216433_15242651.png

ふたりで踊ったTillana (Hamirkalyani)
a0216433_15243431.png

2016オープンハウス プログラム↓
http://ahi-japan.sakura.ne.jp/xcl/modules/xpress/2016/09/20/1894/

ご参考までに。。。
AHIオープンハウスはこんなイベントです。
過去のオープンハウス動画↓
https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=Q2K58c5aAug

当日、ラーガとターラについてほんの少し紹介していると、横で『ラーガ♡』、『ターラ♡』と嬉しそうに復唱する方が数名。
研修生の中にはチェンナイからこられた方が3名いらっしゃるとのこと、この方々でした。
タミルの方々、ほんと陽気で、見ているとついつい顔がほころびます♪
毎年毎年、踊り終わるとすぐステージ横に駆け寄って来て、写真撮影を入れ替わり立ち替わりしてくださるのも、タミルの方々。
次のステージがあるから移動する様に言われても、それを伝えるスキも与えてくれない大騒ぎぶり、ホント好きです。

それぞれに反省点は多々ありますが、これだけ頑張れるメンバーで迎えられた今回の舞台はとても充実してました。
見てくださった方々が楽しんでくださっていたら嬉しいです。
私たちの多くの友人・知人がこの日の為に来てくださいました。
家族も手伝うために、朝から付き合ってくれました。

ありがとうございました。

今後とも精進してまいります!

by sachie







[PR]
# by satya_santosha | 2016-10-20 15:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)

Sangeet Natak Akademi Fellowship 2015

師匠 C.V.Chandrasekhar先生が2015年のSangeet Natak Akademi Fellowshipとして選ばれ、10月4日授賞式が行われました。
インドのperforming artsの分野で優れた人として選ばれた大変名誉ある賞です。


by sachie





[PR]
# by satya_santosha | 2016-10-20 15:30 | 師匠(guru) | Trackback | Comments(0)

第15回サンギートメーラ岐阜2016終了しました。

3年ぶりに開催された岐阜サンギートメーラ。
開演からたくさんの方がお集まりくださいました。

私たちのバラタナティヤムから始まり、オリッシーの野中ミキ先生、バラタナティヤムのダヤトミコ先生と3組の舞踊が続きました。
最初に終了した私は、着替える前にこっそり客席に戻り、お二人の先生方の舞踊をじっくりと観ることができました。

リズミカルな私たちのバラタナティヤムの後は、野中先生のオリッシー。
優しくしっとりとした安定感。
2曲目のギータゴーヴィンダはなんとも艶かしい演目で、解説を聞くだけで恥ずかしくなりそうでしたが、野中先生はラーダの美を抑えめに、うちに秘めた美を表現くださいました。すべてをそのまま見せるのではなく、外に見えるのは内から溢れ出る表現の一端というような表し方、とても美しいです。目標にしたいです。

3組めの舞踊はダヤトミコ先生のバラタナティヤム。登場の時から、ダヤ先生の神々しい気が舞台には溢れていました。力強く、エネルギーに満ちた舞踊、魅了されました。迫力のある舞台に、観客席からも何度も拍手が上がりました。

友人(オリッシーの村上幸子さん、バラタナティヤムの金澤倫子さん)と共に立ち上げたMargamは実はこのお二人の先生の舞台を京都で拝見し、感動したことがきっかけでした。憧れのお二人です。
まだご覧になったことの無い方、機会があればぜひご覧になってください!

その後は、演奏が続きました。
舞踊を拝見した後、汗でぬれた衣装を慌てて着替えたのですが、Gumi Nakaguchiさんのバーンスリ聞き逃してしまいました。残念です。

サンギートメーラ岐阜の主催者であるジミー宮下さんのサントゥールと井上春緒さんのタブラ、南沢靖浩さんのシタールとGlen Kniebeissさんのタブラ、Stive OdaさんのサロードとGlen Kniebeissさんのタブラ演奏でサンギートメーラ岐阜は終了しました。

演奏、素晴らしかったです!
ヴィザが間に合わず、出演できなかったArindam Chakravartyさんの代わりに、急遽出演されることになった井上春緒さんとジミー宮下さんの演奏。急とは思えない息のあった演奏でした。主催者でありながら、演奏者、司会もされながらの当日、かなりご多忙なはずのジミー宮下さんでしたが、ジミーさんの奏でるサントゥールの音色は天上にのぼるように美しく、その音色に寄り添うように演奏される井上さんのお人柄も拝見できました。

情熱的な南沢さんのシタール大好きですがソロ演奏は聞き逃してしまいました。Glenさんとの演奏では、いつもの南沢さんソロとはまた違った感じ、お二人が即興で作り出している音、堪能しました。楽しかったです。

最後はStive Odaさんのサロードと再びGlen Kniebeissさんのタブラ演奏。
Stiveさんの演奏、なんとも優しく、懐かしい音色で、でも、情熱的で、じわ〜っと感動が込み上がってくるようなありがたい演奏でした。Glenさんのタブラは、南沢さんとの演奏の時とはまた違った響き、Stiveさんとの演奏で出来上がった演奏。絶妙なコンビネーション。素晴らしい演奏でした。

どの舞踊も演奏も、舞踊や演奏を大切にあたためて今があり、その方のお人柄とか、生き方とかそういった深いものが一緒に伝わってきた感じがします。
熟練の技や味わいが盛りだくさんのイベントでした。

サンギートメーラ復活を実現させ、このような貴重な場に私たちに出演の機会をくださった主催者のジミー宮下さん、関東からたくさんの荷物を運んで来てくださり、アフターメーラ担当してくだったゆうきさん、そして梅原さん、早朝から深夜までスタッフとして動いてくださった多くの皆様、各地からサンギートメーラにお運びくださった皆様、出演者の皆様、素晴らしい時間をありがとうございました。

今後も理想を目指して、より一層精進して参ります!


下の写真はダヤ先生が楽屋で記念撮影しましょうとお声をかけてくださった時の写真です。大切な思い出になります♪
a0216433_15314402.jpg
写真右:ダヤトミコ先生
写真中央:野中ミキ先生


★★★おまけ★★★
当日の動画です。
画像が不鮮明で、かなり激しいブレがありますが、よろしければご覧ください。

①Invocation(巽知史&幸恵)
Pushpanjali, Ganesha Stuti, Alarippu (Sankeernam)

②Keertanam (Adum Azhagai Paradi) 巽幸恵

③Tillana (Simmendramadhyamam) 巽知史&幸恵

by sachie






[PR]
# by satya_santosha | 2016-09-29 16:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)