人気ブログランキング |

サンギートメーラ2019 in 岐阜
9月21日(土)〜22日(日)

今年も国内外たくさんのアーティストが集まり開催されます!
美しい自然を目の前にした会場です。
岐阜での盛大なインド芸術イベントです。

お車でいらっしゃる場合、会場までは比較的わかりやすい道になっています。
バスもイベントにちょうど良い時間に会場目の前にございます。
気になっている方、ぜひ詳細をご覧ください。
美しい洞戸の自然もお楽しみください。
お待ち申し上げます!

a0216433_09550828.jpg

岐阜県の山村、洞戸村には日本屈指の清流、板取川が流れています。その川のほとりで行われるインド音楽の祭典、それが「水の神の祭りサンギートメーラ」です。
秋分間近の大自然に囲まれ、インド古典音楽や舞踊を中心としたアーティストによって水の神であり芸能を司る女神、サラスヴァティ(弁財天)に音楽や舞いが奉納されます。太古より繰り返されてきた神人の祭り合わせの奉納芸能の世界が繰り広げられます。


以下、サンギートメーラ詳細です↓
*********************
<サンギートメーラ(メインメーラ)>
オーセンティックな北インド古典音楽と舞踊のステージ
インド・日本国内外で活躍する一流のアーティスト達が集結します。5時間に及ぶ他にはない豪華なステージをご用意いたしました。19年に及ぶ、伝統を引き継ぐ日本最大級のインド古典音楽の祭典です

 <会場>洞戸ふれあいセンター(ホール開催)
 (13:00〜18:00)開場 12:00〜

*********************
<ダンシングメーラ(アフターパーティー)>
サンギートメーラの後は、大自然の中でお楽しみ頂ける現代音楽とインド古典音楽のフュージョンをお届け致します。早朝にはインド式のプジャーを行い大自然に感謝を捧げます。イベントの最後はゆっくりとしたYogaをお楽しみ頂き大自然のエネルギーをチャージします

 <会場>すぎのこキャンプ場(野外開催)
 (20:00〜26:00)会場へは午前10時以降に入場頂けます。

*********************
<チケット>
 サンギートメーラ ¥5000 当日¥5500
 ダンシングメーラ ¥5000 当日¥5500
 通し ¥9500 当日¥11000

*********************
主催:沙羅双樹
協賛:IndeyHerbs、インド雑貨・アジア雑貨・民族楽器 Tirakita

*********************
<ダンシングメーラについて>
ダンシングメーラは野外開催となり、キャンプに行く感覚でご参加頂けるイベントになります。当日は、出店などでお食事もして頂けます。また、キャンプ用品の無い方には、コテージの貸出(限定)、テントの貸出も行っております。会場へのアクセスはホールでのサンギートメーラ終了後に送迎を行いますので、チケットご購入の際に送迎の有無をお知らせください。
ご不明点がございましたら、お気軽にお問合せください。
 貸切コテージ ¥6000(オンライン販売)
 貸出テント ¥4000(要事前予約・当日現金決済)
 貸出毛布 ¥200(要事前予約・当日現金決済)

*********************
<チケット販売・お問合せ>
 IndeyHerbs 河本和紀

 沙羅双樹 宮下節雄

 オンラインチケット

*********************
<出演者・サンギートメーラ(インド古典音楽&舞踊)>
 2019.9/21(土) 13:00〜18:00 (Open12:00〜)

《出演 ミュージシャン》
  Steve Oda (サロード)
  宮下節雄 (サントゥール)
  岩下洋平 (シタール)
  若池 敏弘 (エスラージ)
  すずき なお (ドゥルパドボーカル)
  グレン・ニービス (タブラ)
  シッダンタ・ミシュラ (タブラ)
  中川 大夢 (パカワジ)

《出演ダンサー》
  ダヤ・トミコ
  巽 知史・巽 幸恵
(南インド古典舞踊バラタナティヤム)


*********************
<出演者・ダンシングメーラ>
2019.9/21(土) 20:00〜26:00

《出演 ミュージシャン》
 Crystal Nada
  宮下節雄(ハンマーダルシマー)
  田中圭吾(サウンドクリエーター)

 Kamosu
  長引浩志(ホーメイ・口琴・イギル・トプショール・うた)
  善財和也(うた・ギター)
  喜名風人(タブラ)

 Float
  金子ユキ(ヴァイオリン)
  田畑満(ギター)
  村田十三(ドラム)
  家口成樹(シンセサイザー)

 バウル
  Satyanada das

 Chill Trance Guitar
  田村 たけし

 DJ Arjun
 DJ UME

《YOGA》
  ガネーシュ・ギリ
  松下ひろゆき



# by satya_santosha | 2019-09-03 12:35 | 公演情報 | Trackback | Comments(0)

DIWALI DANCE FESTIVAL 2019.11/9

名古屋市民芸術祭2019参加公演
【 ディワリ舞踊祭~インドの光の祭典~ 】
DIWALI Dance Festival
女神に捧ぐ、珠玉のインド舞踊フェスティバル!

***S席残りわずかです***

インドから特別ゲストとしてグルガジェンドラパンダ先生とトリダーラ舞踊団が来日。
その他、国内外で活躍中のダンサーの皆さんと一緒の舞台に出演させていただきます。
たくさんの方のご来場をお待ち申し上げます。

a0216433_12223660.jpg

a0216433_12224910.jpg

以下、イベント詳細Facebookページです↓

*************************************************************************   
       出    演:
◆東インド古典舞踊オディッシー
特別来日ゲスト/グルガジェンドラクマールパンダ
&トリダーラ舞踊団(モクシャダトリパティ・サンディヤラニプラダン・三浦知里・森香織)

オディッシー伴奏
グルビノドビハリパンダ(ボーカル)
グルジャナンダンダス(マルダラ太鼓)
吉田こうき(シタール)

◆南東インド古典舞踊クチプディ
渡辺桂子 & 東京ナーティヤルーパ(一色直・吉井眞理子・児島理子)

◆南インド古典舞踊バラタナティヤム
巽知史・幸恵

◆インド映画ボリウッドダンス
Masha & バクティサンギート(MAMINA・Akie・Yumico)


日 時:2019年11月9日(土)17:30開場 18:00開演
会 場: 名古屋千種文化小劇場 名古屋市千種区千種三丁目6番10号 

入 場 料:全自由席 S席 4,000円(当日4,500円)A席3,200円(当日3,500円)

交通アクセス:
 ・地下鉄桜通線「吹上」下車 7番出口より北へ徒歩3分
 ・市バス「大久手」下車すぐ(吹上11号系統、栄16号系統、名駅17号系統、八事12号系統)
チケットの購入方法:
●オンライン購入<Peatix>

●メール/電話で予約し購入
tridharajapan@gmail.com / 070-4146-4432(三浦)
メールか電話で氏名・電話番号・メールアドレス・住所・予約枚数をお知らせの上、下記口座に代金+チケット代金82円をお振込ください。入金を確認次第、チケットを発送致します。尚、振込手数料はお客様にご負担頂きますようお願い致します。

楽天銀行 店番214 チェロ支店 普通預金
口座番号5014614 インド舞踊の会 三浦知里

WEB情報:
●Facebookイベントページ
●Instagram:ID検索 laxmi_club

主催:ラクシュミー女子会、インド舞踊トリダーラ
***********************************************************************************

【 11/10(日)ディワリ舞踊祭の出演アーティストによる、マニアなトークショー開催のご案内 】
それぞれの舞踊の魅力を舞踊家本人が分かりやすく解説。
インド舞踊に懸ける想いから普段の素顔、インドでのエピソードなど思う存分語って頂きます!詳細はWebで♪

会場:スタジオ結緋yui 名古屋市中区千代田三丁目28-44
時間:午前10時~11時30分







# by satya_santosha | 2019-09-03 12:27 | 公演情報 | Trackback | Comments(0)

遅くなりました。
2018サンギートメーラ洞戸の写真が他にもたくさん届きました!
大勢の出演者が参加するこのイベント、撮影された方は大変だったと思います。

ここに一部ですが、サンギートメーラ2018の画像をまとめました。
ご紹介します。

今年2019年も9月21日(土) 13:00〜開催予定です!
ぜひお越しください。

以下↓Facebookイベントページ。



Macoto Fukudaさん撮影

最初にサラスヴァティ女神さまにお花を捧げてご挨拶
a0216433_09061851.jpg

Dasha Avatara
ヴィシュヌ神とラクシュミー女神
a0216433_09064759.jpg

亀に化身して世を救うヴィシュヌ神
a0216433_09051448.jpg


魔神の父から自分を崇拝せよと諭されるが
自分はヴィシュヌ神を崇拝している
と、厚い信仰心を表す息子
a0216433_09074348.jpg



a0216433_09101552.jpg


出演者一同
a0216433_09113822.jpg



a0216433_09115510.jpg



Daisuke Furusawaさん撮影

Dasha Avatara
ヴィシュヌ神とラクシュミー女神
a0216433_09133602.jpg


魚の姿になって世を救ったヴィシュヌ神
a0216433_09134404.jpg


自分を崇拝するように魔神の父から諭されるが
息子はヴィシュヌ神を深く信仰していると伝える
a0216433_09155973.jpg


ヴィシュヌ神=クリシュナ神でもある
Dasha Avataraでは要所要所にクリシュナ神が登場する
a0216433_09144997.jpg


ヴィシュヌ神
a0216433_09140684.jpg



少年僧の姿で描かれるヴァーマナ
ヴィシュヌ神の化身
a0216433_09131098.jpg

ヴァーマナに化身したヴィシュヌ神
3歩めで世の中を征服し
魔神から世を救った
a0216433_09132046.jpg


世の最期に現れるとされるカルキ
a0216433_09163119.jpg



a0216433_09511459.jpg


今年もサンギートメーラ9/21開催されます!
美しい写真を撮っていただけるよう精進していきます!
今後の出演予定のイベントは詳細が決まり次第ご案内いたします。

by Sachie














# by satya_santosha | 2019-07-18 09:24 | 画像・動画集 | Trackback | Comments(0)

2月になってしまいました。

昨年のご報告。
写真がないのでついつい遅くなりました。

2018年の12月、踊りの会をしました。
昨年に続き、バンバン踊る会。

これまでお稽古してきた曲目を全て踊ってみるのは、普段は時間的に難しいものがあります。
年末は踊り納めと総復習をかねてとにかく自動的に流れる音楽に合わせて踊る会を設けました。
もちろん人それぞれ、習ってきた曲目や数が違います。
知らない曲目は見学です。
のちの目標にもつながります。

先輩方の本番で踊っている姿だけではなく、普段のお稽古の姿が見られます。
これは私にとっても自己との挑戦です。
踊りのダイナミックさ、繊細さを追求し続けながら、持久力とスタミナを持続させること。
自分との闘いです。
曲は勝手に流れますから。。。

普段のお稽古では私が歌いながらお稽古します。
気になるところを何度もやり直すことができます。
でも、どうしても甘くなります。
途中間違えてどうしようもなくなれば、歌が止まってくれる。。。
怪しいところはゆっくり歌ってくれる。。。笑
でも、この会では容赦無く曲は流れます。
もれなくついていかないといけません。

途中休憩が必要なら、自分のペースで休憩をとって良いという会です。
でも、今回は皆、自分のできる曲目は全て踊りきりました。

。。。で、私も一緒に踊ることに全力を注いでしまい、また写真なしです。


2019年、皆それぞれ目標を持って取り組んでおります。
この先、これを踊ってみたい、こう踊れる様になりたい。。。。と希望を持ってお稽古に励んでいます。
その気持ちが私の励みになります。

年末のこの会だけでなく、今後は仲間たちと試してみたい企画があります。
今年もコツコツと地道ながらも皆さんと喜びを共有できたらいいなあと思っております。
楽しみです。


by sachie




# by satya_santosha | 2019-02-01 10:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)

11月に開催しましたインド舞踊の体験会は無事終了しました。
初心者の方を対象にした体験会に7名のお申し込みがありました。
ありがとうございました。

今回はインド舞踊でしか体験できないような動きの数々を紹介し、体験していただきました。
普段一緒にお稽古している仲間たちも初心に戻っての参加表明。
とても嬉しく励みになりました。

短い時間内に、紹介したいことがたくさんありすぎて、うっかり写真に残すことを忘れておりました。

インド舞踊により一層の興味を持っていただけたら嬉しいです。
この体験の時にだけ参加してくださるのも良いと思っています。
気軽な気持ちでご参加いただければ幸いです。

今後も体験会を予定していきたいと思います。
ありがとうございました。


by Sachie




# by satya_santosha | 2019-02-01 10:10 | 日記 | Trackback | Comments(0)