Sangeet Natak Akademi Fellowship 2015

師匠 C.V.Chandrasekhar先生が2015年のSangeet Natak Akademi Fellowshipとして選ばれ、10月4日授賞式が行われました。
インドのperforming artsの分野で優れた人として選ばれた大変名誉ある賞です。


by sachie





[PR]
# by satya_santosha | 2016-10-20 15:30 | 師匠(guru) | Trackback | Comments(0)

第15回サンギートメーラ岐阜2016終了しました。

3年ぶりに開催された岐阜サンギートメーラ。
開演からたくさんの方がお集まりくださいました。

私たちのバラタナティヤムから始まり、オリッシーの野中ミキ先生、バラタナティヤムのダヤトミコ先生と3組の舞踊が続きました。
最初に終了した私は、着替える前にこっそり客席に戻り、お二人の先生方の舞踊をじっくりと観ることができました。

リズミカルな私たちのバラタナティヤムの後は、野中先生のオリッシー。
優しくしっとりとした安定感。
2曲目のギータゴーヴィンダはなんとも艶かしい演目で、解説を聞くだけで恥ずかしくなりそうでしたが、野中先生はラーダの美を抑えめに、うちに秘めた美を表現くださいました。すべてをそのまま見せるのではなく、外に見えるのは内から溢れ出る表現の一端というような表し方、とても美しいです。目標にしたいです。

3組めの舞踊はダヤトミコ先生のバラタナティヤム。登場の時から、ダヤ先生の神々しい気が舞台には溢れていました。力強く、エネルギーに満ちた舞踊、魅了されました。迫力のある舞台に、観客席からも何度も拍手が上がりました。

友人(オリッシーの村上幸子さん、バラタナティヤムの金澤倫子さん)と共に立ち上げたMargamは実はこのお二人の先生の舞台を京都で拝見し、感動したことがきっかけでした。憧れのお二人です。
まだご覧になったことの無い方、機会があればぜひご覧になってください!

その後は、演奏が続きました。
舞踊を拝見した後、汗でぬれた衣装を慌てて着替えたのですが、Gumi Nakaguchiさんのバーンスリ聞き逃してしまいました。残念です。

サンギートメーラ岐阜の主催者であるジミー宮下さんのサントゥールと井上春緒さんのタブラ、南沢靖浩さんのシタールとGlen Kniebeissさんのタブラ、Stive OdaさんのサロードとGlen Kniebeissさんのタブラ演奏でサンギートメーラ岐阜は終了しました。

演奏、素晴らしかったです!
ヴィザが間に合わず、出演できなかったArindam Chakravartyさんの代わりに、急遽出演されることになった井上春緒さんとジミー宮下さんの演奏。急とは思えない息のあった演奏でした。主催者でありながら、演奏者、司会もされながらの当日、かなりご多忙なはずのジミー宮下さんでしたが、ジミーさんの奏でるサントゥールの音色は天上にのぼるように美しく、その音色に寄り添うように演奏される井上さんのお人柄も拝見できました。

情熱的な南沢さんのシタール大好きですがソロ演奏は聞き逃してしまいました。Glenさんとの演奏では、いつもの南沢さんソロとはまた違った感じ、お二人が即興で作り出している音、堪能しました。楽しかったです。

最後はStive Odaさんのサロードと再びGlen Kniebeissさんのタブラ演奏。
Stiveさんの演奏、なんとも優しく、懐かしい音色で、でも、情熱的で、じわ〜っと感動が込み上がってくるようなありがたい演奏でした。Glenさんのタブラは、南沢さんとの演奏の時とはまた違った響き、Stiveさんとの演奏で出来上がった演奏。絶妙なコンビネーション。素晴らしい演奏でした。

どの舞踊も演奏も、舞踊や演奏を大切にあたためて今があり、その方のお人柄とか、生き方とかそういった深いものが一緒に伝わってきた感じがします。
熟練の技や味わいが盛りだくさんのイベントでした。

サンギートメーラ復活を実現させ、このような貴重な場に私たちに出演の機会をくださった主催者のジミー宮下さん、関東からたくさんの荷物を運んで来てくださり、アフターメーラ担当してくだったゆうきさん、そして梅原さん、早朝から深夜までスタッフとして動いてくださった多くの皆様、各地からサンギートメーラにお運びくださった皆様、出演者の皆様、素晴らしい時間をありがとうございました。

今後も理想を目指して、より一層精進して参ります!


下の写真はダヤ先生が楽屋で記念撮影しましょうとお声をかけてくださった時の写真です。大切な思い出になります♪
a0216433_15314402.jpg
写真右:ダヤトミコ先生
写真中央:野中ミキ先生


★★★おまけ★★★
当日の動画です。
画像が不鮮明で、かなり激しいブレがありますが、よろしければご覧ください。

①Invocation(巽知史&幸恵)
Pushpanjali, Ganesha Stuti, Alarippu (Sankeernam)

②Keertanam (Adum Azhagai Paradi) 巽幸恵

③Tillana (Simmendramadhyamam) 巽知史&幸恵

by sachie






[PR]
# by satya_santosha | 2016-09-29 16:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)

インド古典音楽と舞踊の祭典
第15回岐阜サンギート・メー ラ 2016 Sangeet Mela〜水の神の祭り〜

岐阜サンギートメーラ、新しくなって第15回目!復活です!!
a0216433_2035540.jpg

美しいチラシが届きました。

a0216433_20355336.jpg

a0216433_20364830.jpg


インド古典音楽と古典舞踊にどっぷり浸かることができる一日。
インド古典芸能ファンの方も、インド好きの方も、音楽や舞踊に興味がある方も、すべてが初めての方もぜひお越し下さい!
メイン・メーラとアフター・メーラの2部制になってます。
メインメーラは13:00 Open、14:00〜20:30です。

詳細は下記↓をご覧ください。
https://www.facebook.com/events/322091588123483/?active_tab=highlights
インド古典音楽と舞踊の祭典
第15回岐阜サンギート・メー ラ 2016 Sangeet Mela〜水の神の祭り〜

~メインメーラ Main Mela (200人限定 / 200 Limited)~
日時 / 2016. 9月24(土)
  13:00 Open
  14:00〜20:30 Concert
  20:30 終了
会場 / Venue
  洞戸ふれあいセンター
  Horado Fureai Center
  岐阜県関市洞戸市場294-5
  294-5 Ichiba Horado Seki-City Gifu

入場料 / Entrance Fee
  前売り Adv. ¥4000
  当日 Door ¥4500
-----------------------------------------------------------------------------

~アフターメーラ After Mela (宿泊100人限定 / 100 Limited)~
日時 / 2016. 9月24(土)
  22:00〜26:00
  (9/25 お昼12:00までキャンプ場滞在可)
  朝ヨガ有り/ Morning Yoga by Tiko
会場 / Venue
  すぎの子キャンプ場
  Suginoko Camping place
  (メイン会場より車で15分
   /15min.by car from Main
  Mela Venue)
   岐阜県関市板取一里保木
  Tel 058157 8184
  BBQ可 キャンプ、バンガロー宿泊可 (要予約)
入場料 / Entrance Fee
  前売り Adv. ¥3000
  22:00〜26:00
  (9/25 お昼12:00までキャンプ場滞在可)
レンタル料金 / Rent Fees
  ★持ち込みテント泊 無料
    / Self camping Free
  ★ドミトリー 500円
    / Domi ¥500
  ★バンガロー(8畳6名向け) 8000円 8棟
    / Hut for 6 ¥8000
  ・テント(4名用) 4500円
    / Tent for 4 ¥4500
  ・毛布 200円
    / Blanket ¥200
  ・BBQグリル台 S500円 L1000円
    / BBQ oven S¥500 L¥1000
   (食材はご持参ください/ Please bring own food)


-----------------------------------------------------------------------------
【予約方法】
1)ご予約はフォームから/ Booking
https://ws.formzu.net/dist/S47051313/
1.メインメーラ ¥4000
2. アフターメーラ ¥3000
3.メインメーラ+アフターメーラ  割引プライス ¥6500
4.その他レンタル品料金(フォーム参照)
2)フォーム表示の合計金額を下記にお振込みください
<入場料 振り込み先>
十六銀行 高富支店
フツウ 1622107
宮下節雄

3)入金確認で予約完了とさせていただきます。

【お問い合わせ】
フォームが苦手な方や、ご質問は下記アドレスへメールでお問い合わせください。
sangeetmela.tokyo@gmail.com
メーラ事務局 東京沙羅双樹 ゆうき からお答えいたします。
なおお返事に数日を要する場合もございます。ご容赦ください。

主催 インド古典音楽&舞踊センター
   jimim227@yahoo.co.jp
岐阜 沙羅双樹 090-7027-0718 (宮下) 21:00まで
協力 東京 沙羅双樹/ ティラキタ
[PR]
# by satya_santosha | 2016-08-30 20:55 | 公演情報 | Trackback | Comments(0)

インド舞踊研修

インド・チェンナイに舞踊研修に行ってきました。
空港の壁の絵柄がインドの舞踊になっていました。
インド到着後ワクワクした瞬間です。
a0216433_23201027.jpg
いつも反省してますが、今回もまた。。。写真をほとんど撮ってません!


それでも、この寺院はちゃんと自分の手で写真に残しました。
Kapaleeswaral templeです。
色鮮やか!!
a0216433_23171473.jpg
a0216433_23163932.jpg
イタリア人のお友達と夕方の公演を観に行く前に、Mylaporeのいろいろなお店に寄って買い物をしました。
Kapaleeswaral temple周辺のお店で必要なものを買い集め、気になるお店に立ち寄り、お香を買ったり。。。
ココナッツジュースを飲んで、果肉を食べ。。。
a0216433_23172543.jpg
また気になるお店が見つかり、あれこれやってるうちに。。。
公演の時間に近づく。

すぐ近くだけど、歩くにはちょっと遠い、オートに乗って連れて行ってもらおうとしたけれども、誰も場所を知らない!
私のオフライン登録しているiPhoneの地図にはちゃんと出てたのに、こんなときに限ってちゃんと地図が出てこない!!
ちょっと遅れたけど、諸々の挨拶がちょうど終わってこれから始まるというちょうど良いところに到着できました。
アランゲトラム(デヴュー公演)でした。若くてかわいらしい初々しいダンサー。
舞台の途中、ピアス周りの飾りの一部が外れて、耳のそばでブラブラしていたにも関わらず、何事も無かったかのように見事に完璧に踊り続けました。素晴らしい!!



数少ない写真ですが、滞在中のことを少しでも記しておきたいと思っています。
また後日書き続けることにします。
a0216433_23174187.jpg
a0216433_23175124.jpg
a0216433_23175843.jpg
a0216433_23182307.jpg
a0216433_23202887.jpg










[PR]
# by satya_santosha | 2016-08-30 19:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)

先ほど、私にとっての大役終了で本当にホッとしてます。

事の始まりは10日前。
とてもお世話になってる方が「誰かなんでもいいから話をする人いないかなぁ…」と。
「そうですね〜」などと他人事のように返事していたら、「巽さんどう?」「はっ⁈(O_O)」

『いや〜、社長さん方を前に役に立つ話なんて何もできないし、もう来週やんっ!…(心の声)』笑ってしまいました。
「何でもいいから、僕の代わりにインド舞踊の話をしてくれたら」ってことで、できなくもなく断る理由もないのでお受けしました。

私の使いたいMacが会場で使えないとのことで、容量パンパンのあまり使えない使いたくないWindowsパソコン持って行きました。
トラブルを多々発生させてくれるパソコン。
やっぱりあり得ないトラブルが設定時から話す直前まで発生しました。ふーっ。

時間に厳しい感じを受けたので、内心ハラハラ。
話しながらトラブル対応してわからないようにしました。
ほんと、よくやった!内心自分を褒めました。
それ以後はこれ以上のトラブルはないはずと、落ち着いて役を終えられたと思います。

それにしても、この席では立派な肩書きがないと格好つかないようです。
紹介時、インド舞踊の権威なんて付け加えられ、恥ずかしい限り。。。。

とにかく終わってホッとしました。

会場は岐阜市のホテルです。
過去にレストランキャッシャー係としてちょっとだけお仕事させてもらったことがあり、その時とてもとてもお世話になった方ともお会いできました。

今回この機会をくださった会では、月に数回、各界のスペシャリストによるジャンルを問わない勉強会を開いていらっしゃるとのこと、素晴らしいことです。
この方々にはなんの役にもたたないであろう私の経験と知識でしたが、少しでもインドやインド舞踊に親近感を持っていただけたらという思いで、前日まで何度もなんども内容を吟味し用意しました。

昨年の11月の羽島市での講演会に続き2度目の講演会、大変勉強になりました。

リアクションくださり、最後まで聞いてくださった皆様、本当にありがとうございました。
このような機会を作ってくださったことにも感謝です。

by sachie
[PR]
# by satya_santosha | 2016-05-18 18:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)