夏休み。早速のキャンプ

今年ももう夏休みに。
夏休み初日めは早速キャンプへ。
娘が所属する市内の小学生グループの今回の企画、一泊二日キャンプの引率に行ってきました。


暑さと蚊の対策をしたにもかかわらず、当日は雨。
小雨どころではない雨。
長靴では動きにくいと思いつつも、ドロドロにぬかるんだところを靴やサンダルで歩くのも不快だろうと思い、保険に長靴を持参しました。
結局は、ずっと長靴生活。
雨天時のスケジュールを決行できるような天候でもなく、急遽ミーティングを重ねながら予定変更。
予定の川遊びは全くできずでしたが、子どもたちが大喜びのスケジュールに変更になったり、ならなかったりしながらのキャンプでした。

もちろんキャンプ場は快適に満ち足りた施設ではありません。
手や足が汚れてもすぐそばには水道はありません。
トイレも離れたところ。
サンダルや靴しか持ってきておらず、足がドロドロになってもすぐに洗うところなどありません。
雨のため室内活動が増えます。
ドロドロの足をきちんときれいにもできないまま室内に入るため、必然的に足下が汚れます。


キャンプファイヤーも中止になってしまい、お話会に変更になった夜でしたが、子どもたちはじっとお話を聞いてました。
お兄ちゃんについて来て、流れでお話会の部屋に入ってしまった小さな子も。
みんな、30分の予定のお話会が1時間半になってもじっと聞いていました。


雨、雨、雨で全く予定通りになりませんでしたが、夕食のカレー作りと朝のお味噌汁作りは大人の手助けなく子どもたちにしっかりやってもらうことに。
意外に男の子が大はりきり。
大量のタマネギを涙を流しながら切ってくれました。
a0216433_15192367.jpg


しかし、その包丁さばき(?)は見事(?)
ハラハラさせられました。
早く誰かにバトンタッチしてもらいたい!!と心に願いつつも、その男の子たちの思いは全く逆。
涙を流しながらも『絶対包丁は渡さない!!』と言いながら最後まで切ってくれました。
最後はすばらしく上達して、人参もとってもきれいに同じ大きさで切ってくれました。

とにかくハラハラでした。
見れば冷や汗、絶叫したいところを抑えつつ、口数少なくフォローをと思いながらもついつい耳にタコができるほど『ゆっくりゆっくり。。。』を口走る。。。
もう見たくない、でも、見ないわけにもいかず、気分はへとへと。。。

翌朝のたくあん切りもしっかり監視しないと。。。
と、思っていたら、翌日は手慣れた女の子たちが切ってくれたため、朝の心は穏やかに。

両日ともに誰もけがをすることなく過ごせました。
こんな経験も大事ですね。
我が子ならまだしも、大勢の子どもたちの調理補助もいい勉強でした。
小学校の調理実習時の先生の気持ちはこれ以上のものに違いないと同情したものでした。

それにしてもお互いがんばりました!!
きっとこの子たち、お家に帰ってたら自信満々で調理するだろうなあと微笑ましく思いました。


a0216433_15194576.jpg

そしてこちらはお茶作り班。
火をおこして自分たちでお茶を沸かす。
炎が上がってますね。
すると子どもたち大はしゃぎするのです。
怖いですね〜。
でも、美味しいお茶を入れてくれました。


カレー、美味しかったです。
『いただきます!!』の直後にもうおかわりの列。
よく見ると列の真ん中辺りに、とりあえず並んでそこで立って食べてる子もいるではありませんか!!!
それだけおいしかったのですね。
食べ過ぎてました、皆(笑)
ご飯完食!あっぱれです。
翌日は少し残しておいたカレーの豚肉で豚汁にしました。
これまたご飯完食!

夜は渡された1枚の毛布を体にくるみ、持参したバスタオルを枕にしたりして固い床の上で子どもたちは眠りました。
思いがけず、この二日間は肌寒く、これだけでは寒くて夜ぐっすりなんて眠れなかったようです。

それでも、子どもたちは元気でした。
暑さ対策重視の持物でしたので、ランニングシャツしか持っていないという子も寒がることなく過ごしていました。


家に帰ると私は疲れでひどい頭痛。
久々に頭をひねりながらの二日間でしたので、神経を遣いました。
ようやく頭痛も落ち着き、お風呂に入ろうと思うと、水の出が悪い!!
地域内で原因不明の断水。
しばらくして復旧しました。


不便生活をすると日常の当たり前だと思っていた生活がどんなにありがたいものかと思い知らされます。
普通のきれいな床が心地良かったぁ。
柔らかい布団がありがたかったぁ。
手を洗いたい時にいつでもそばに手洗い場がある。。。トイレがある。
通常、蛇口があれば、水は当たり前のように出ます。
それも出ないことがあるという断水の経験。
キャンプも断水も意味のあるものでした。


日常の当たり前のことにも感謝を忘れずいきたいものです。
いい二日間でした。

by sachie
[PR]
by satya_santosha | 2012-07-23 16:32 | 日記 | Trackback | Comments(0)

岐阜市でのイベント情報です。
ステージスケジュールについて、更新いたします

2012年7月14日(土)10:30〜15:30 *雨天決行
岐阜市東鶉3丁目59 ひだまりの森岐阜モデルハウス内

インド舞踊で参加予定です。

*インド舞踊出演時刻は午後2時から30分間ほどの予定です。

お近くの方はぜひお越しください。
a0216433_1433227.jpg

a0216433_1433509.jpg

[PR]
by satya_santosha | 2012-07-13 20:15 | 公演情報 | Trackback | Comments(0)

七夕祭り

ここのところ、パソコンの前に座ることもできないほど慌ただしい時間を過ごしておりました。
大した理由ではないのですが、いろいろと重なる用事があり、気を張ってなんとか乗り越えたという感じです。
ちょっとこの辺でゆっくり睡眠をとろうと張り切っていたのですが、夜になるとまた欲張っていろいろな仕事をこなそうとしてしまいます。
が、今日はほどほどに。。。

畑の作物の生長がいつの間にか著しく、しかし収穫もままならずでしたが、今日は久々に畑に入りました。
家の目の前なのですが、ほんとに手を抜いてます。

キュウリは地をカボチャの葉のように這っておりました。
これではいけませんね。
ちゃんと上につるをのばしてもらえるように手を加えました。
遅くに植えたため、収穫はまだですが、小さな実がついています。

我が家の畑にしては、たくさんの収穫がありました。
a0216433_2393549.jpg



昨日は障がいをお持ちの方々に20年ほど続いている企画、七夕祭りにステージイベントをみんなで楽しみ、最後に短冊に願いことを書いていただき、七夕飾りをおひとりおひとりにプレゼントするという企画があり、参加させていただきました。

a0216433_23163893.jpg

これは準備中の画像。
ボランティアの皆で作った七夕飾りを、当日朝に切ってきていただいた笹にくくりつけているところです。
公民館の会場いっぱいに広げた笹に皆で飾り付けをしました。


本番ステージでは沖縄三線&太鼓演奏、インド舞踊、学生さんによる演劇、みんなの歌、ベリーダンスとほんの短い時間に盛りだくさんでした。

あふれるような喜びいっぱいの反応で見てくださいました。
いろんな箇所で素直に喜んでくださる皆さんに、心洗われました。

インド舞踊を踊っている最中、『え、こんな箇所で拍手をくださるの!? でも、見ていただきたかった箇所で嬉しい!!』と思うことが多くありました。
感激しました。
学ばせていただきました。
こんな喜びをもっともっと皆さんと共有できるように精進努力していこうと思いました。

踊りの写真は現在のところ残念ながらありません。
手元にもし届きましたら、掲載いたします。


今回は5名で出演しました。
初めて短い古典曲を習い終わったばかりのUさんもこの初めての古典曲で参加。
そして、このたび初めて我が娘たちも出演しました。
娘の練習に関してはいろいろ大変なことがありましたが、インド舞踊カードなど作って気分を盛り上げ、なんとか初めての舞台を終えました。
a0216433_23525250.jpg

娘たちにはまだまだ課題は残っています。
本当はペイズリー模様がすべて塗られていってほしいのです。。。

Uさんは今回もきちんと見事に踊りあげてくれました。
初めて踊った娘たち、意外と緊張の様子は見られませんでした。
『ステージに立ったら、思ったよりあんまり緊張しなかったぁ。』
『また踊ってみたい!楽しかったぁ。今度は〇〇に気をつけて踊りたい!』
とか、下の子は『踊るたびにお母さんたちみたいな本当の衣装に近づいていけるように衣装を増やしていくっていうのはどう?!』などと提案されました。


今回、ここに関わった方達がとっても素敵でした。
人との出会いがまた出会いを呼んで、大きなつながりになり、みんなで喜びを共有できる何かを作り上げていく、、、無限に広がっていく幸せです。

素敵な出会いと時間をありがとうございました。

次は7月14日(土)ひだまりホーム展示場内でのつながりマーケット×サマーマバザールです。
情報をブログ上に掲載しておりますので、関心をお持ちの方はぜひご確認ください。
[PR]
by satya_santosha | 2012-07-10 00:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)