運動会、行楽、イベントとにぎわう季節となりましたね。
この時期は我が家も大忙しです。
10月の出演イベントは子どもと一緒に家族みんなで楽しめるイベントです。
ぜひお集いください。

----------------------------------------------------------------
<ナマステ・インディア in KARIYA 2011>
入場無料

2011年10月2日(日)
刈谷市総合文化センター/みなくる広場
10:30~17:30
JR東海道本線・名鉄三河線 刈谷駅から徒歩3分

参加型のイベントによっては当日申し込みまたは事前申し込みが必要なものもございます。
お問い合わせ:刈谷市国際交流協会0566-62-1209

a0216433_1502450.jpg


a0216433_152150.jpg


[PR]
by satya_santosha | 2011-09-27 15:49 | 公演情報 | Trackback | Comments(0)

運動会

今日九月23日、長女の運動会。絶好の運動会日和。高い空、強い陽射し、涼しい風。かなり日焼けした。これで長女の運動会も三回目。集団演技の演目で張り切って、ビデオ撮影にベストなポジションをゲットしたにもかかわらず、撮影ボタンの押し忘れで撮れてなかった。かなり凹みました。明日は、竹鼻のお寺の落慶法要で踊りを奉納してきます。落慶法要って初めてなんだけど、仏様に魂を入れるとてもおめでたい式なんですね。心を込めて奉納してきます。
[PR]
by satya_santosha | 2011-09-23 22:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)

みずの祭り

みずの祭りで踊ってきました!
とっても素敵な祭りでした。
清冽な板取川の流れ。みずみずしい山。台風のあいまの奇跡のようなタイミングでした。
祭りのテーマはThink water。
実は私ことさとしは、以前アトピーでした。
岐阜にきたきっかけは、水です。
当時、関西で活動していた私は、どこかに無理を感じていました。癒やしを求めてよく吉野や和歌山、高知などにきれいな水を求めて出かけていました。
そうして出会ったのが、ジミーさん。ジミーさんのご縁で板取川の清流に出会います。驚きました。四万十川と同じような流れがある岐阜。ここからインド古典舞踊を発信したい。そんな思いで私は岐阜に来ました。
インド舞踊を踊ると、流れるような汗をかきます。からだのなかを水がめぐっていくのがわかります。そんな生活を何年も続けているうちに、知らない間にアトピーがなくなっていました。水は命です。私の 表現活動の原点。そこに水があるように思います。
そんなことを感じさせて頂いた、みずの祭りでした。ご覧いただいたみなさま、スタッフの皆様に感謝です。林先生のモーニングヨーガ、焚火のバームクーヘン、なにもかも楽しかったです。ありがとうございました。
[PR]
by satya_santosha | 2011-09-18 22:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)

みずのまつり 2011

みずのまつり2011
http://mizu-no-matsuri.net/?page_id=352

[開催日時] 
2011年9月17日(土) 〜 18日(日)
17日 12時00開演
18日 14:00終演  

会場    すぎの子キャンプ場 
       501ー2901 岐阜県関市板取一里保木 0581-57-8184
                http://suginoko-camp.com
 
テーマ   THINK WATER~水を感じそして動く~

[入場料] 
・2日通し券(9/17-18)  

前売り 3,500円 (限定250枚) 当日  4,500円

・1日券  (9/18のみ)  

 前売り 2,000円          当日 3,000円

*高校生以下無料

[駐車場] 
一台につき 500円

*バンガロー&ドミトリーのご予約承ります!
バンガロー 一棟 10000円・相部屋(ドミトリー) 一人 1000円

==チケット取扱店====
KAMAL(瑞穂市) 058-327-8937
空歩21(各務原市)  058-385-4572
Travessia(岐阜市) 058-263-5557
ラシェーズ(岐阜市) 058-266-8874
鑑真康寿堂(関市洞戸)0581-58-2088
ALPHAVILLE(名古屋市)052-764-2644  などなど

主催 みずのまつり実行委員会
後援 インド古典音楽&舞踊センター「沙羅双樹」
http://www.ne.jp/asahi/okumino/sarasoju

みずのまつりTwitter

*お問い合わせはinfo@mizu-no-matsuri.netまで



==LIVE&PERFORMANCE========== 
・かむあそうトライブス 
・インド古典舞踊バラタナティヤム:巽知史&幸恵
・田村たけし
・ACHICO

DJ
SUE(earth family) 
Kousuke(essence)
Tsubasa(essence)

LIVE PAINTING
Richard Carbin(タイダイ染め)
Ayame(書道)

and more…!

==TALK LOUNGE(全員参加型のシンポジウム)========
17日15:00より

水の一連の流れである、山、川、海をキーワードに個性的なパネリストを迎えてのトークセッション!
テーマ 「水はわたし、わたしは水」
パネリスト
萩原ナバ裕作(岐阜県森林アカデミー講師 森のようちえん主催)
宇城智之 (古民家宿&カフェ陽がほらオーナー カヌーイスト)
徳田一彦 (世界を巡るサーファー)

==YOGA WORK======== 
18日AM 8:00より
 朝の時間、美しい川のほとりでの青空ヨーガ。
!!! ヨガマットなど滑らない敷物をご持参ください
ヨーガ講師 林 弘美(日本ヨガ瞑想協会認定講師 http://www.yoga.jp中部支部長)
       
==WORKSHOP==========
<白水の滝へのミニトレッキングツアー> 両日
!!! 往復60分 しっかりとした履物をご用意してください
<ミニ ソンクラン(水かけまつり)>17日14:00~
<焚き火で巨大バームクーヘンづくり>
<石窯ピザづくり>
<竹でモノづくり>
  竹炭ろ過機、竹のマイコップ マイ箸づくり
<藍の葉型染めマイbagづくり>要予約
<水を学ぶスタンプラリー>先着プレゼントあり
<原始的火起こし体験> 
<杉の皮むき間伐ワーク>

etc。。。

       
==SOUND==========

誉電気sound



清流板取川のほとりで五感を通じて水への意識を高め
感謝へと昇華していく水への感謝祭・・・


人類誕生以来人間は自然と共に共生してきました
しかしながら近代になってからは自然を破壊し続けその代償を私達は背負うこととなりました
今こそ自然破壊に歯止めをかけ、自然の持つ力を活用し持続可能な社会に変えていかなければならないのです


私たちの立つこの地球は「水の惑星」
また私たちの体内の約70%は水分
つまり私たちと水は密接に関わって暮らしているのです

会場は美しい川の流れる自然豊かなキャンプ場
そこで一夜を過ごしながら水に触れ、水を感じ、水を考える
小さな一滴も山から海へと流れる川となる
さあ、自然と私たち社会の共生への道を一緒に考えましょう

[PR]
by satya_santosha | 2011-09-14 22:17 | 公演情報 | Trackback | Comments(0)

サンギートメーラ

サンギートメーラが終わりました。
お陰様で、とてもよいステージになりました。
わたくしこと知史は、サンギートメーラに全回出演!
思い起こせば、三重県松阪のこんろんしゃでのサンギートメーラからのおつきあい。これまで、ありがとうございました。
関西から岐阜に移住したのもサンギートメーラのご縁でもあります。
そのメーラも、今年が節。
Jimiさんと、沙羅双樹のメンバーに本当に感謝です。そしてこれからもよろしくお願いします。

今年は、そんなメーラにふさわしいアイテムを、夏の渡印で、師匠C.VCサーから学べました。

ビシュヌ10化身のものがたり、DashaAvataraです。
ビシュヌ神が、荒廃した世界を救うために、10の化身の姿で天界から降臨するという神話を表すアイテムです。

30分弱の大曲ですので、習ってきた当初は、メーラで踊ることに不安もありましたが、日程が9月11日。祈りの日。
これは、踊らせていただくしかない!と気合いをいれて、迎えたメーラでした。
なんとか乗り切ることができました。
夜中2時の出番は、少々、身体的にきつかったけれど、ベストを尽くすことができました。
ご鑑賞いただいた方には感謝を申し上げます。

お陰様で、来週日曜日の18日に岐阜は板取で開催される「水の祭り」から、出演のオファーを頂きました。そこでも、ビシュヌ10化身のものがたり、DashaAvatara、踊らせていただきます。
そうしながら、DashaAvataraを育んで行ければ幸いです。
[PR]
by satya_santosha | 2011-09-12 20:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)

我が家の野菜たち

今年の我が家の野菜はよくできてくれる。
特に、オクラとキュウリ。
アスパラも忘れた頃に立派に育ってる。

昨年は暑すぎたせいか、キュウリが早々と枯れてしまった。
今年はすごい!!

渡印前、油断するとたまってしまうキュウリ。
誰かにあげようにもご近所も育ててるし、同居の両親も留守。
生のままスナックのように5~6本家族で食べた。(かっぱの気分)
自分で育てた取れたてのキュウリはほんとにおいしい!!

岐阜を出発前にたまった分は20本鍋に入れてキュウリのきゅうちゃんをつくった。
今年は3度目のきゅうちゃん。
20本分のきゅうりを刻んで、絞るのは大変。

九州経由で渡印するため、大きなスーツケースを出国より早く子どもの荷物と共に九州に送るのだが、
これが結構大変で、出発前日の夜に本気で詰め込み作業。
もうたまりかねて、主人に頼んだ・・・・・きゅうちゃん作りを。

快く引き受けてくれた。
荷造り中、ず~っと台所からキュウリを刻む音。
ほんとにありがたかった。

翌日できたきゅうちゃんのうち3パックは子どものリュックに入れて九州の実家に持って帰った。


渡印中は、両親が無駄にしないようしっかり食べてくれてた。
、、、けど、やっぱりたまっていくキュウリ。

先日、10本をピクルスにした。

たまっていくとちょっと焦るし使い道に頭を使うけど、これが楽しく、至福の喜び。
[PR]
by satya_santosha | 2011-09-01 15:35 | 今日の手作り&庭 | Trackback | Comments(0)