カテゴリ:日記( 88 )

サロン・ド・プルニマ主催
「インド・リパブリック・デーを祝して 」Margam〜道〜Vol.2
無事に終了しました。

今回も、プルニマさんの応援のもと、自由にさせていただきました。
公演のお知らせを出すと、すぐにお返事くれたお友達、舞踊の大先輩方々、同じ舞踊を愛する方々、遠くからお越しくださった方々もいらして、感謝感激です。
いつもいつも心をかけてくださる方々に、いつもいつも嬉しい気持ちをいただくばかりです。

そんな皆様の温かい気持ちがじんじん伝わってきて、私自身は全力で踊ることができました。
弾ける思いのせいか、思いもよらないところで関係ない自分の手がパッと出てきた時は、自分でも驚きました😌
(公演の様子は画像と共に後日ご報告します。)

反省点はもちろん色々あります。
今後にいかします。

舞台で踊って、花束までいただいて。。。
a0216433_00390599.jpg

本当は、ここまでにたくさんのスタッフの完璧な準備、この日のためにきてくださった方、そして、育ててくださった師、今日の舞台はたくさんの方のおかげです。
そして、プルニマさんの応援がなければ、こんなに安心して取り組むことはできませんでした。
直接この気持ちをお伝えできなかった方もいて、失礼してしまいました。
心からありがとうの気持ちをお伝えしたいと思います。

そして、今回、村上幸子さんと舞台をゼロから作って、一緒に踊る機会をいただけたことはこの上ない幸せでした。
気さくな演奏家の池田さん、ばやんさんには、長い時間、ご本人の演奏本番前にも関わらずお手伝いいただきました。(その後の、インド古典音楽演奏、素晴らしかった!ばやんさんのMCもよかった♪)
カメラマンの栗田さん、幸子さんの生徒さんにも、細かいことまでたくさんお手伝いいただきました。

皆様の温かい気持ちに胸がいっぱいです。
ありがとうございました。


by sachie




[PR]
by satya_santosha | 2017-01-30 00:41 | 日記 | Trackback | Comments(0)

アジア保健研修所オープンハウス、無事終了しました。

オープンハウスでのご縁は、英語の教科書に創始者の川原啓美先生が登場されていたことがきっかけでした。
大変お世話になりました。

先生はお亡くなりになりましたが、恩返しさせていただきたいという思いでいます。
今回、4名で踊らせていただきました。
一瞬で終わってしまう、一回限りのその瞬間をどれだけ大切にできるか、これを目指してみんなで一生懸命準備してきました。
一昨日から熱が出てしまった1人のメンバー、内心最悪の事態がちらつきましたが、無事に参加できることをただただイメージしました。
本番は4名全員そろい、踊りきりました。

4名で踊ったAlarippu
a0216433_15230858.png
a0216433_15234277.png
a0216433_15241526.png
a0216433_15242651.png

ふたりで踊ったTillana (Hamirkalyani)
a0216433_15243431.png

2016オープンハウス プログラム↓
http://ahi-japan.sakura.ne.jp/xcl/modules/xpress/2016/09/20/1894/

ご参考までに。。。
AHIオープンハウスはこんなイベントです。
過去のオープンハウス動画↓
https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=Q2K58c5aAug

当日、ラーガとターラについてほんの少し紹介していると、横で『ラーガ♡』、『ターラ♡』と嬉しそうに復唱する方が数名。
研修生の中にはチェンナイからこられた方が3名いらっしゃるとのこと、この方々でした。
タミルの方々、ほんと陽気で、見ているとついつい顔がほころびます♪
毎年毎年、踊り終わるとすぐステージ横に駆け寄って来て、写真撮影を入れ替わり立ち替わりしてくださるのも、タミルの方々。
次のステージがあるから移動する様に言われても、それを伝えるスキも与えてくれない大騒ぎぶり、ホント好きです。

それぞれに反省点は多々ありますが、これだけ頑張れるメンバーで迎えられた今回の舞台はとても充実してました。
見てくださった方々が楽しんでくださっていたら嬉しいです。
私たちの多くの友人・知人がこの日の為に来てくださいました。
家族も手伝うために、朝から付き合ってくれました。

ありがとうございました。

今後とも精進してまいります!

by sachie







[PR]
by satya_santosha | 2016-10-20 15:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)

Sangeet Natak Akademi Fellowship 2015

師匠 C.V.Chandrasekhar先生が2015年のSangeet Natak Akademi Fellowshipとして選ばれ、10月4日授賞式が行われました。
インドのperforming artsの分野で優れた人として選ばれた大変名誉ある賞です。


by sachie





[PR]
by satya_santosha | 2016-10-20 15:30 | 日記 | Trackback | Comments(0)

第15回サンギートメーラ岐阜2016終了しました。

3年ぶりに開催された岐阜サンギートメーラ。
開演からたくさんの方がお集まりくださいました。

私たちのバラタナティヤムから始まり、オリッシーの野中ミキ先生、バラタナティヤムのダヤトミコ先生と3組の舞踊が続きました。
最初に終了した私は、着替える前にこっそり客席に戻り、お二人の先生方の舞踊をじっくりと観ることができました。

リズミカルな私たちのバラタナティヤムの後は、野中先生のオリッシー。
優しくしっとりとした安定感。
2曲目のギータゴーヴィンダはなんとも艶かしい演目で、解説を聞くだけで恥ずかしくなりそうでしたが、野中先生はラーダの美を抑えめに、うちに秘めた美を表現くださいました。すべてをそのまま見せるのではなく、外に見えるのは内から溢れ出る表現の一端というような表し方、とても美しいです。目標にしたいです。

3組めの舞踊はダヤトミコ先生のバラタナティヤム。登場の時から、ダヤ先生の神々しい気が舞台には溢れていました。力強く、エネルギーに満ちた舞踊、魅了されました。迫力のある舞台に、観客席からも何度も拍手が上がりました。

友人(オリッシーの村上幸子さん、バラタナティヤムの金澤倫子さん)と共に立ち上げたMargamは実はこのお二人の先生の舞台を京都で拝見し、感動したことがきっかけでした。憧れのお二人です。
まだご覧になったことの無い方、機会があればぜひご覧になってください!

その後は、演奏が続きました。
舞踊を拝見した後、汗でぬれた衣装を慌てて着替えたのですが、Gumi Nakaguchiさんのバーンスリ聞き逃してしまいました。残念です。

サンギートメーラ岐阜の主催者であるジミー宮下さんのサントゥールと井上春緒さんのタブラ、南沢靖浩さんのシタールとGlen Kniebeissさんのタブラ、Stive OdaさんのサロードとGlen Kniebeissさんのタブラ演奏でサンギートメーラ岐阜は終了しました。

演奏、素晴らしかったです!
ヴィザが間に合わず、出演できなかったArindam Chakravartyさんの代わりに、急遽出演されることになった井上春緒さんとジミー宮下さんの演奏。急とは思えない息のあった演奏でした。主催者でありながら、演奏者、司会もされながらの当日、かなりご多忙なはずのジミー宮下さんでしたが、ジミーさんの奏でるサントゥールの音色は天上にのぼるように美しく、その音色に寄り添うように演奏される井上さんのお人柄も拝見できました。

情熱的な南沢さんのシタール大好きですがソロ演奏は聞き逃してしまいました。Glenさんとの演奏では、いつもの南沢さんソロとはまた違った感じ、お二人が即興で作り出している音、堪能しました。楽しかったです。

最後はStive Odaさんのサロードと再びGlen Kniebeissさんのタブラ演奏。
Stiveさんの演奏、なんとも優しく、懐かしい音色で、でも、情熱的で、じわ〜っと感動が込み上がってくるようなありがたい演奏でした。Glenさんのタブラは、南沢さんとの演奏の時とはまた違った響き、Stiveさんとの演奏で出来上がった演奏。絶妙なコンビネーション。素晴らしい演奏でした。

どの舞踊も演奏も、舞踊や演奏を大切にあたためて今があり、その方のお人柄とか、生き方とかそういった深いものが一緒に伝わってきた感じがします。
熟練の技や味わいが盛りだくさんのイベントでした。

サンギートメーラ復活を実現させ、このような貴重な場に私たちに出演の機会をくださった主催者のジミー宮下さん、関東からたくさんの荷物を運んで来てくださり、アフターメーラ担当してくだったゆうきさん、そして梅原さん、早朝から深夜までスタッフとして動いてくださった多くの皆様、各地からサンギートメーラにお運びくださった皆様、出演者の皆様、素晴らしい時間をありがとうございました。

今後も理想を目指して、より一層精進して参ります!


下の写真はダヤ先生が楽屋で記念撮影しましょうとお声をかけてくださった時の写真です。大切な思い出になります♪
a0216433_15314402.jpg
写真右:ダヤトミコ先生
写真中央:野中ミキ先生


★★★おまけ★★★
当日の動画です。
画像が不鮮明で、かなり激しいブレがありますが、よろしければご覧ください。

①Invocation(巽知史&幸恵)
Pushpanjali, Ganesha Stuti, Alarippu (Sankeernam)

②Keertanam (Adum Azhagai Paradi) 巽幸恵

③Tillana (Simmendramadhyamam) 巽知史&幸恵

by sachie






[PR]
by satya_santosha | 2016-09-29 16:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)

インド舞踊研修

インド・チェンナイに舞踊研修に行ってきました。
空港の壁の絵柄がインドの舞踊になっていました。
インド到着後ワクワクした瞬間です。
a0216433_23201027.jpg
いつも反省してますが、今回もまた。。。写真をほとんど撮ってません!


それでも、この寺院はちゃんと自分の手で写真に残しました。
Kapaleeswaral templeです。
色鮮やか!!
a0216433_23171473.jpg
a0216433_23163932.jpg
イタリア人のお友達と夕方の公演を観に行く前に、Mylaporeのいろいろなお店に寄って買い物をしました。
Kapaleeswaral temple周辺のお店で必要なものを買い集め、気になるお店に立ち寄り、お香を買ったり。。。
ココナッツジュースを飲んで、果肉を食べ。。。
a0216433_23172543.jpg
また気になるお店が見つかり、あれこれやってるうちに。。。
公演の時間に近づく。

すぐ近くだけど、歩くにはちょっと遠い、オートに乗って連れて行ってもらおうとしたけれども、誰も場所を知らない!
私のオフライン登録しているiPhoneの地図にはちゃんと出てたのに、こんなときに限ってちゃんと地図が出てこない!!
ちょっと遅れたけど、諸々の挨拶がちょうど終わってこれから始まるというちょうど良いところに到着できました。
アランゲトラム(デヴュー公演)でした。若くてかわいらしい初々しいダンサー。
舞台の途中、ピアス周りの飾りの一部が外れて、耳のそばでブラブラしていたにも関わらず、何事も無かったかのように見事に完璧に踊り続けました。素晴らしい!!



数少ない写真ですが、滞在中のことを少しでも記しておきたいと思っています。
また後日書き続けることにします。
a0216433_23174187.jpg
a0216433_23175124.jpg
a0216433_23175843.jpg
a0216433_23182307.jpg
a0216433_23202887.jpg










[PR]
by satya_santosha | 2016-08-30 19:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)

先ほど、私にとっての大役終了で本当にホッとしてます。

事の始まりは10日前。
とてもお世話になってる方が「誰かなんでもいいから話をする人いないかなぁ…」と。
「そうですね〜」などと他人事のように返事していたら、「巽さんどう?」「はっ⁈(O_O)」

『いや〜、社長さん方を前に役に立つ話なんて何もできないし、もう来週やんっ!…(心の声)』笑ってしまいました。
「何でもいいから、僕の代わりにインド舞踊の話をしてくれたら」ってことで、できなくもなく断る理由もないのでお受けしました。

私の使いたいMacが会場で使えないとのことで、容量パンパンのあまり使えない使いたくないWindowsパソコン持って行きました。
トラブルを多々発生させてくれるパソコン。
やっぱりあり得ないトラブルが設定時から話す直前まで発生しました。ふーっ。

時間に厳しい感じを受けたので、内心ハラハラ。
話しながらトラブル対応してわからないようにしました。
ほんと、よくやった!内心自分を褒めました。
それ以後はこれ以上のトラブルはないはずと、落ち着いて役を終えられたと思います。

それにしても、この席では立派な肩書きがないと格好つかないようです。
紹介時、インド舞踊の権威なんて付け加えられ、恥ずかしい限り。。。。

とにかく終わってホッとしました。

会場は岐阜市のホテルです。
過去にレストランキャッシャー係としてちょっとだけお仕事させてもらったことがあり、その時とてもとてもお世話になった方ともお会いできました。

今回この機会をくださった会では、月に数回、各界のスペシャリストによるジャンルを問わない勉強会を開いていらっしゃるとのこと、素晴らしいことです。
この方々にはなんの役にもたたないであろう私の経験と知識でしたが、少しでもインドやインド舞踊に親近感を持っていただけたらという思いで、前日まで何度もなんども内容を吟味し用意しました。

昨年の11月の羽島市での講演会に続き2度目の講演会、大変勉強になりました。

リアクションくださり、最後まで聞いてくださった皆様、本当にありがとうございました。
このような機会を作ってくださったことにも感謝です。

by sachie
[PR]
by satya_santosha | 2016-05-18 18:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)

11/28 〜11/29サンギートメラ Tokyo2015は大盛況のうちに終了しました。
終了報告がすっかり遅くなってしまいました。


舞台写真はフォトグラファー井田宗秀さんに撮影していただきました。
いくつかご紹介します。
a0216433_2135517.jpg

a0216433_21334225.jpg

a0216433_21373787.jpg

a0216433_21401242.jpg

a0216433_21365982.jpg


短いですが、動画もあります。
よろしければ、こちらもご覧ください。
https://youtu.be/zQyTBQGUhe8


インド古典芸能満載イベントです。
大勢の演奏家他、舞踊家、アーティスト、そして、ヨーガやサンスクリット講座、インド料理や雑貨の出店、今回はメヘンディーもありました。
その他、まだまだたくさん!
いつの日かサンギートメラTokyoにお運びいただけますと幸いです!


岐阜から会場に向かう途中の富士山は毎回楽しみです。
a0216433_21392698.jpg


ありがとうございました。

by sachie
[PR]
by satya_santosha | 2016-04-13 21:55 | 日記 | Trackback | Comments(0)

大津市伝統芸能会館「インド古典舞踊」写真がいくつか出来上がりました。
大変遅くなってしまいましたが、追加で一部ご紹介いたします。

撮影は辻武司さんです。
a0216433_22272770.jpg
a0216433_2225358.jpg

a0216433_22334361.jpg
a0216433_22235655.jpg
a0216433_22225419.jpg
a0216433_22223390.jpg

a0216433_02770.jpg
a0216433_22213860.jpg
a0216433_22211686.jpg
a0216433_22205013.jpg

a0216433_22285511.jpg


ありがとうございました。

by sachie
[PR]
by satya_santosha | 2016-04-13 18:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ラサマンダのガネーシャ様。
a0216433_231344.jpg

この日も素敵でした。
ガネーシャ神に見守れ、無事に終了しました。

Nese Bellydanceさんとそのお仲間のDanceは見事なショーでした‼
過去にご縁のあった方が数人、イベントを知って見に来てくださってました。
どこかで繋がってることをつくづく感じた夜。
ありがたかったです。

この日はインド舞踊がメインということで、インド舞踊で始まり、踊りの最後もインド舞踊。
ここでも大好きなTillanaで舞台の最後を締めくくりました。

Tillanaの中でも大好きなRaga:Simmendramadyamanを選曲。
1997年の初めての渡印でシンガポールからきた生徒が習っていた曲。
初めて聞いて惚れてしまった素敵な曲。
ずっと記憶に残っていて忘れられなかった曲。
10年以上たって、師匠にこの曲を習いたいと、記憶の中の歌を歌って聞いていただいた結果、どの曲かがわかり教えていただいた曲。

好きだけど、持ち曲の中で一番ハードな曲目。
ずっとずっと練習してきて、やっと最初から最後までゆとりを持って踊れるようになった曲‼︎
なんだか嬉しい達成感を味わえました。

最後にラサマンダの村瀬オーナーと出演者のNese Bellydanceさんとお仲間の明るくてきれいな方々と一緒に記念にパチリ!
a0216433_232099.jpg


これからも精進精進。
ありがとうございました。

by sachie
[PR]
by satya_santosha | 2016-04-13 17:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)

羽島市「国際交流のつどい」終了しました。

この日に向けて、夏から担当の方と綿密に打ち合わせしながら準備してきました。
PowerPointで写真を見せながらのインドの魅力紹介など、私にとって初めてのこと。
でも、挑戦してみたいと思っていたことでした。
手順がいまひとつ見えてこないまま、とにかく我武者羅にバラバラになっている写真を集めて取り込み、記憶を辿りながら写真を整理していきました。
画像に解説を加えるために、言葉にする作業を試みると、これがしゃべり慣れていない私にはまったく時間的にも見通しが立てず、一旦全て必要なことを原稿にしてみました。
適当に省略しながら声に出してみると、制限時間の2倍強。
一時間以上にもおよび、これではダメだと必要なところをピックアップしてもう一度確認して、やっとという感じで臨みました。

a0216433_11334813.jpg

講演をしている私。
(こんな自分を今までイメージしたことはなく、なんだか嬉しいです。)

a0216433_11342596.jpg

a0216433_11363059.jpg


どうしてもお見せしたかった動画の動作確認済みのはずが、見れない。。。というトラブル。
踊りもCDでの音確認を現場で済ませたにも関わらず、なぜか本番で音が鳴らず。。。
つたないトークで時間の間をつなぎ、私としてはドキドキの心境でしたが、皆様笑顔で対応してくださいました。
ご参加の皆様に問いかけ等しても子供から大人の方まですぐに手をあげて質問してくださったり、驚きの声などあげてくださったりと、皆様に会を盛り上げていただき、無事終了することができました。

羽島の国際交流のつどいでは、国際交流に深く関心のある方々が多く、また各分野でご活躍の著名な先生方もご参加くださり、大変華やかな交流の場でした。
こんな機会にご縁をいただき、ありがたい限りです。
貴重な学びをさせていただきました。

a0216433_113857.jpg

交流会の最中、演題のお花がとても素敵だったので、改めてこの日のタイトルと共に写真撮影♪

私の目から見たインドの世界的魅力と日常の魅力がお伝えできますよう、今後も活動してまいります。
この会へのご縁をくださいました方々、この日の国際交流担当のスタッフの方々、写真の使用を快く許可くださった方、この日ご参加くださいました多くの方に感謝申し上げます。
ありがとうございました。


by sachie
[PR]
by satya_santosha | 2015-11-09 12:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)